【炎上】あいちトリエンナーレで補助金交付中止に!ネットの反応は?

26日、「あいちトリエンナーレ」への補助金を交付を中止するというニュースが飛び込んできました。これについてネットの反応などをみてみましょう。

あいちトリエンナーレとは

あいちトリエンナーレとは愛知県で3年に1度のペースで開催される現代アートの祭典です。現代美術に合わせて舞台芸術を楽しむことができるものとなっています。

参考 公式HPあいちトリエンナーレ

今回の騒動の発端

まず、今回の騒動の発端となったのはあいちトリエンナーレで展示されていた「表現の不自由展示・その後」という展示の一部が急遽中止となった事でした。

表現の不自由展が中止となった主な理由は、以下の内容が展示されていた事です。

  • 慰安婦像を模した少女の像
  • 昭和天皇の肖像群が燃える映像作品
  • 放火をイメージさせる作品

これに対してネットや団体から批判が相次ぎ中止することになったというわけですね。

文化庁は補助金交付を予定していた

あいちトリエンナーレ2019では12億円の費用がかかることが想定されており、このうち約7,800万円を国の補助金から交付する事を採択していたといいます。

今度はいきなりの交付中止に対して批判が相次ぎました。

文化庁が発表した補助金交付中止の理由

政府の発表した理由は以下の通りです。

補助金申請者である愛知県は、展覧会の開催に当たり、来場者を含め、展示会場の安全や事業の円滑な運営を脅かすような重大な事実を認識していたにも関わらず、事実を申告することなく、文化庁から問い合わせを受けるまで事実を申告しなかったこと。そして審査の視点で重要な点である、実現可能な内容になっているか、事業の継続が見込まれるかの2点において適正な審査を行うことができませんでした。

これらの判断と補助金適正化法第6条により補助金は全額不交付とするということです。

ネットの反応

これについてはネットで賛否両論の意見が寄せられました。

不交付の反対意見

一度決めた交付金を、展示会の内容次第で不交付へと変えるのは「表現の自由」を奪っているというのが大まかな考えのようですね。

不交付の賛成意見

https://twitter.com/2nMILFCcCVymiqP/status/1177204977984344064?s=20

今回の補助金は「国庫支出金」から出される予定でした。

MEMO
国庫支出金とは、国が用途を指定した上で各自治体に交付するお金のことです

今回の政府の見解は「適切なアートではない」というものだったようです。

まとめ

一度決められたものをいきなりやめると言われたら驚くのも無理はないかもしれません。

今回の補助金が用途を指定しない「地方交付税交付金」であったらまた話は違ったのかもしれませんね。

今後の動向に注目です。